大型のフィッシュグリップ

車内に長く放り込んですままのフィッシング向きライフ外套。もちろんそこに取り付けて生じる代物もまた放置状態で、ここしばらくは本格的なアフターサービスもしないままでした。

最近久々に釣りに行く機会があり、そのライフ外套を実装した瞬間にふとした違和感を感じました。

ライフ外套そのものはトラブル無かったのですが、そこに付いているとある雑貨に、錆びという塩分が混じった様な灰色のシミという粉末がこびり付いているのが見えたのです。

それは大きな魚の顎を読むのに取り扱う大型のフィッシュグリップ。

ひとまず錆びづらいステンレスといったカーボンシートから構成されている雑貨なのですが、可動部ですスプリング部やグリップの爪、そうして留め料金のビス近くから白い塩や錆びが出て、頑丈に密着していたのです。

手にとって見るとそのパフォーマンスも明らかにギクシャクしてあり、爪を解く度にキーキーといった不快軋み調音も発生しています。

これではいかんという、釣行後は速やかに外套から撤去住居に直行。先ず入念に水洗いして塩や錆びを落とした後はある程度陰干しする事に。

完全に水分が抜けたのを見計らって、完全に密着してしまった塩分や錆びシミをヘラや千枚通しで綺麗に省き、最後に錆びしめといった潤滑用のオイルを各可動部に点し、メンテナンスは最期。

今度は爪のパフォーマンスも楽ちんで、軋み調音の発生もありません。何とか釣り場で丁寧に扱っていても、定期的なメンテナンスはとにかく必要なのでしょうね。
藤沢の全身脱毛の口コミをチェックしよう