喫茶店で飲んでみた

ほうじ茶ラテというのをご存知でしょうか。ほうじ茶にコーヒーや紅茶と同じように胸を入れた飲料だ。お茶に胸なんて・・・・・・って最初は思いましたが、紅茶も抹茶も緑茶もほうじ茶も、元はおんなじお茶の木なんですよね。胸ティーや抹茶胸があるのなら、ほうじ茶ラテというのもおかしくないのかもしれません。

でも、最初は胸や砂糖の入ったお茶なんて・・・・・・と思っていました。だが、喫茶店で飲んでみたところ、その楽しみに徹頭徹尾はまってしまいました。紅茶と違って口に残る渋みのようなものがなく、軽々としたフレーバーで、思い切り呑み易いのです。

早々家でも作れないかと試してみました。普通にお茶を淹れるのでは、胸にお茶のテーストが負けてしまいます。お茶の匂いも生かしつつ、胸のまろやかさも出したいのですが、どうしても賢くいきません。胸に合う紅茶というのは、単体で飲むと大層テーストが濃く芸風が凄いものです。ほうじ茶も濃い目に淹れるといった、胸に負けないうまいほうじ茶ラテになりました。

今ではすっかりほうじ茶ラテのとりこだ。濃い目に淹れたほうじ茶に胸を組み合わせるだけなので、いやに簡単です。ほうじ茶ラテプリンなどの派生レシピもあり、いろいろ試みるのが楽しみです。
出会い系の町田は不倫が熱い