「キャーっ!素晴らしい!」

昔、理科が嫌いでした。
殊に植物のナンチャラが嫌いでメンタル悪くて、なんで、大人は花や木を愛おしく「エレガントねぇ」とか言うのだろう?
なんで、家内にもらったバラの花束までを「キャーっ!素晴らしい!」という抱きしめたりもらえるんだろう?と不明瞭に思っていました。
大人になって、次は花本人でなく気持ちの問題だと知り、前者は最近になって身をもって知ることになりました。
私も歳を取り、見てしまうのです。花屋様の花を。花壇やひとの持ち家の庭園に咲く花や木を。「この季節、見頃をむかえています」とかTVの媒体でやってるのを「ほぉ?」とか感心して見ちゃうしなるほどと頭にインプットしてるんですよ。あの、植物不快とか言ってた我々が。自分でもしんじられないです。
母方の祖父母も花が好きで育てたり拝見しに色んな所に出掛けたりする人類で、マミーも「これ何の花?」と質問すると大概は報いることができるくらいの情報を持てる程で、好きなのですよね。
そうか。人となりはある年齢になるという花や木を愛でるやり方なのね。といった気づいた一目、一気に人間をそんな歳になったのだと気付き少数凹みはしました。なので、植物が好みは依然として言い切れない自分でいます。
福岡県北九州市小倉で出会い系アプリを利用するならここが一番